変形性関節症 横浜市 戸塚区 整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科 スポーツ整形外科 人工関節 骨切り術

変形性関節症

変形性関節症とは?

変形性関節症は、関節の変形などが原因で炎症や痛みが起きる病気で、比較的に中高年の方に多い病気です。

また、この変形性関節症は、関節の病気の中でも多く発症している病気でもあり、若い方から高齢者まで様々な方に発症します。

70歳くらいまでは、変形性関節症の発症には男女差が出ますが、70歳を過ぎると男女差はほとんどなく発症します。

特に膝関節や股関節などの部位で発症します。

変形性股関節症について

変形性股関節症の原因として一番多いのは、臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん:骨盤側の荷重面が少ないの意)であり、特に日本では一般的です。

高齢者では軟骨自体の変化による一次性変形性股関節症が、壮年期では大腿骨頭壊死症(特発性)が多く、小児では先天性股関節脱臼や大腿骨頭骨頭すべり症、ペルテス病などがあります。

一度変形性関節症が進行すると関節は緩み、不安定になり、次第に壊れていき、その上加齢の変化も手伝い、進行を止めるのは難しく、また変形性股関節症の進行は初期の段階より進行期→末期への移行が早く、進行は一定ではありません。

初期股関節症の痛みは、時々であり、気にならない程度の事も多いです。
しかし、この時期は治療にとって非常に大切なタイミングです。治療には変形の時期により様々な手段があります。

骨をきり正常に近い形にしたり、体重のかかる面を変える手術、人工関節の手術などがあります。
そのため、どの治療法にも精通した医師に相談する事が大切です。人工股関節・人工膝関節

進行期以降の痛みは強くなる、これは変形が骨破壊の状態に達するためであり、休息しても痛みが改善せず、また、夜間にも痛みがあることが多くあります。
手術をしない保存療法もありますが、具体的エクササイズが行われていない場合は、放置したものと同じことになります。そのためエクササイズを含む正しい保存療法はとても大切な治療法といえます。

病院受診に際して、現在の状況を正確に把握してもらい、今後の具体的な治療法を選択されることが肝要です。
尚、手術治療の場合、最も多いのが末期関節症に対する人工股関節手術です。

※年齢、変形の程度、関節の形、変形の原因、仕事、出産等は治療を行う上で考慮するポイントです。


神奈川新聞に掲載された大久保院長の
人工関節手術について詳しくはこちら

変形性膝関節症について

変形性膝関節症になりやすい方は、性別では女性またO脚の方、肥満の方に多く見られます。
また年齢とともに変形性膝関節症は増加する傾向にあります。

具体的には膝の軟骨がすり減り、関節の変形が生じて、炎症を起こし痛みが出る病気です。

変形性ひざ関節症

概ね男女比は、1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。

主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

原因は関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。

また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。

変形性関節症の診断方法

変形性膝関節症の場合は、問診や診察、時に触診で膝内側の圧痛の有無、関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、X線検査で診断します。必要によりMRI検査などを行います。
また変形性股関節症の場合は問診や診察などを行い、股関節の可動域制限やX線写真をみて診断します。必要に応じてCTとMRIなどの検査を行います。

変形性関節症の予防と治療

変形性関節症の発症は、種々の遺伝子素因を背景として、使いすぎや体重負荷、外傷を契機に軟骨磨耗が起こり、進行して発症します。

しかし必ずしも軟骨磨耗によって症状が起こるとは限りません。したがって症状が起こってからはじめて診断がつくことも多いです。
このため股関節や膝関節のように関節症の頻度が高く、重症化するとADL障害が大きく、時に手術的加療が必要になる関節では、定期的な診断をうけることが、進行予防に大切です。
やはり早期の整形外科への受診が予防や治療の出発点となります。

治療法として、軟骨磨耗の防止に効果的な治療法は確立されていません。
関節症の悪化の防止には適度な運動負荷と肥満の改善や労働量の調節、関節炎のコントロールが必要です。また機能的な治療として関節周囲の柔軟性の維持と周囲筋力の維持が大切です。

院長による人工関節手術について

当院の大久保院長は、平成22年12月現在において、人工股関節置換術 2059例、人工膝関節置換術 403例、寛骨臼回転骨きり術 772例、外反骨切り術 175例 などの豊富な手術実績を保持しております。

患者様の症状や検査結果によりましては、手術提携病院にて院長自ら執刀も行いますので、まずはお気軽にご相談ください。

院長インタビュー記事のご紹介
メディア掲載情報

  • 2013 全国の頼れるドクター
  • 「全国の頼れるドクター2016」に当院長のインタビュー記事が掲載されました。
    ●名医に聞く「臼蓋形成不全と寛骨臼回転骨切り術」
    PDF (3049KB)

画像をクリックすると拡大表示します


  • 2013 全国の頼れるドクター
  • 「全国の頼れるドクター2015-16」に 当院長のインタビュー記事が掲載されました。
    ●名医に聞く「人工股関節と寛骨臼回転骨切り術について」
    PDF (1109KB)

画像をクリックすると拡大表示します