リハビリテーション 横浜市 戸塚区 整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科 スポーツ整形外科 人工関節 骨切り術

リハビリテーション

骨関節疾患のリハビリテーション

リハビリテーションとは

リハビリテーションには、理学療法と物理療法があります。
理学療法とは、主にPT(理学療法士)が行う専門的な運動指導のことで、障害の回復や身体機能低下の予防を図り、早期に社会復帰できるように支援する治療法のことです。
また物理療法とは、牽引やマッサージ、温熱療法により、痛みの除去などの疼痛緩和や機能回復を図る治療法のことです。

リハビリ
テーション
筋力アップのエクササイズ(予防体操)と 指圧・マッサージ
物理療法(牽引やマッサージ・温熱療法など)

当院のリハビリテーションの特徴


ご存知ですか?メディカル・リハ・フィット
特徴1
受動的リハビリテーション

個々人の運動機能を改善するために院内で行うリハビリであり、物理療法、筋力アップ、可動域の拡大などを行います。
また痛みの緩和として、ブロック治療や関節注射、鍼なども併用することで、より機能の改善を図ります。

能動的リハビリテーション

日常生活で出来る運動療法(エクササイズ)を丁寧に指導いたします。
具体的には歩幅や歩き方、視線の取り方も含めた歩行指導を行うなど、間違いや無駄がなく短期間で最大限の効果を狙う運動療法を指導致します。

尚、エクササイズは指導の通りの動きや姿勢を行わない場合、その効果が得られないこととなります。


特徴2

当院では手術前のリハビリテーションはもちろん、手術後のリハビリテーションにも力を入れております。

手術前のリハビリ

いしずえ整形外科では術前のリハとして、「ラピッドリカバリーシステム」を行っております。
これは手術前から運動プログラムを取り入れるなど、早期の回復を可能にするための充実したリハビリプログラムです。

ラピッドリカバリーシステムにより、人工関節置換術を行った場合でも早期に退院が可能になるなどのメリットがあります。

手術後のリハビリ

いしずえ整形外科では、院長自らが理事長を務める「NPO法人 骨・関節研究会」での研究により、手術を受けた患者さんの身体の機能向上を目的とした運動療法を考案・実行してきました。

手術後にもう少し運動機能を改善したい、筋力をアップしたい、関節などの動きが悪い、もっとうまく歩きたいなどのご要望もお気軽にご相談ください。

※厚生労働省で決められたリハビリ期間内での施行に限りますので、ご了承願います。但し、物理療法によるリハビリを除きます。

リハビリテーション科の主な対象疾患

腰痛症

腰痛症のリハビリテーションは、腰痛体操・運動療法の指導や、物理療法(温熱・寒冷療法、牽引など)、装具療法としてのコルセット作製などがあります。

腰痛へのアプローチで最も重要とされるのはその予防で、有効な予防法の研究が行われています。


頸部痛

頸部痛は、首周りの痛みだけの場合と肩周囲の運動制限が伴うことがあります。
リハビリテーションは、頸部周囲をリラックスさせたり、筋肉のマッサージ・ストレッチなどの理学療法を行います。
あわせて物理療法(温熱・寒冷療法、牽引など)を行う場合もあります。

前項の腰痛症にも当てはまりますが、生活指導を受けることが悪化・再発を防ぐことにもなります。


変形性関節症

各関節の変形による病気で、多くは痛みを伴います。
リハビリテーションでは、関節に痛みを出さない状態での筋力強化訓練などの運動療法、鎮痛を目的とした温熱・寒冷療法などの物理療法、装具処方による関節保護を行います。

慢性的な疾患ですので、関節症状を悪化させないための生活指導や自主トレーニング指導が必要となります。

骨粗鬆症

骨粗鬆症では、未治療では骨折等に進行するおそれがあり、骨折の予防としても、リハビリテーションが重要となります。

リハビリテーションとしては、骨の強さと歩行能力などを維持・改善する目的で運動療法を行い、日常生活で続けられるような運動を指導します。
また、症状にあわせて物理療法・装具処方を行います。